前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里

前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里
前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里
西日暮里  営業時間:13:00~23:00(受付12:00~22:00) 日曜定休 TEL/03-4582-3622
メニュー

【女の子の声を出そうパート3】具体的な練習方法!

2019/06/11 12:00

こんにちは(^-^)

東京都内にある風俗の中でも

前立腺マッサージや男性のアナル開発を専門としたドライオーガズム専門店の店長ゆうです。

だんだんと梅雨入りもしてきて、スッキリしない天気が続いていますね。

気持ち的にはあまり何もしたくない感じの季節になりました。

ですが前立腺開発やアナル開発は、継続的に刺激していき

アナルに刺激を与えることに対して慣れることも必要ですのでだれすぎも注意です(^ ^)

 

それでは今回は今までのブログを読んでいただければ

準備等はご理解いただけると思いますので肝心な

具体的な練習方法について

書いていきたいと思います。

 

 

1、まずは練習する目安の時間について

こちらは人によっては一刻も早く女の子の声を出したい!

という方もいると思いますのであくまで目安です。

 

まずは1日20分前後で練習するように心がけてください。

ここでの注意点が

毎日続けることが重要になってきますので

毎日少しづつ心がけて行いましょう。

初めの1ヶ月は後ほどご説明する

二つののステップを行なっていきましょう。

一つ目は

元々の地声鍛える事。

二つ目は

反対の裏声を鍛える事。

になります。

20分間のうち、どちらかが長くてどちらかが短くても構いませんが

個人的には不得意な方を長めにするのをオススメします。

苦手が得意になればなんでも強みですからね。

 

ステップの地声と裏声を鍛える練習方法

 

地声なら普段使っている声だから練習はいらない!と思う方もいると思いますが

そう思わずに、地声で出せる声の底上げを目標に練習していきましょう。

実は普通に話しているのは、鍛えている訳ではなく

自然と会話の流れ等で声が出ているだけなんです。

なので

普段の会話=地声を鍛える

というのは間違った考え方なのです。

ではどうすれば地声を鍛えることができるのでしょうか?

 

地声を出して鍛えよう!

まずは声を出す際の基本は【あ】の発音にしてください。

そいて出したすい声で構いませんので

「アーーー」と5秒くらい出してみましょう。

そうすると確実に必要な筋肉が鍛えることができます。

簡単そうだし、飽きやすい方が継続的に続けるのには

少し面白くないような鍛え方ですが継続していきましょう。

 

次は裏声を出していこう!

なぜ裏声を鍛えようではないの?

時になった方もいるかもしれません。

その理由としては、裏声の練習をしている最中に

裏声が出なくて諦めてしまう人が結構います。

なので最初は裏声を鍛える!ではなくて

裏声を出してなれていくことが大切になります。

なれた後に鍛えましょう。

 

誰もが裏声というの文字をみたことがあると思います。

ですが特に男性の場合、常に裏声でいよう!

などと思う方は多くないと思います。

女の子の声で会話をする。

ということは、継続的に裏声を意識する!という点にも繋がりますので頑張って鍛えていきましょう。

 

裏声の鍛え方

初めに伝えておきます。

最初から継続的に(常に)女声を出せるとは思わないでください。

店長も挑戦はしてみましたが

途中であっけなく声が出なくなりました!

この鍛える!という面では、いかに継続的に意識して女声で会話ができるか!

という所に意識を置いてやっていただきたいです。

慣れないうちは20分以上の練習は控えてください。

喉を痛めてしまっては、後日以降練習できなくなってしまいます。

裏声を鍛える際の基本的な発音は

「は」「ほ」で行いましょう。

裏声は幅広く鍛える方法があります。

一番自然でわかりやすいものは

・鼻歌を奏でている時のものをそのまま声に出して見ること!

鼻歌は間接的に喉の筋肉を使用して、鼻歌を声に出してみることで

直接的に喉の筋肉を刺激することに繋がります。

 

・よくテレビでも見かけることのあるオペラ歌手の真似をして声を出してみましょう。

思い出してみてください。オペラ歌手って凄く高い声を出していきますが

徐々に声が大きくなっていきますよね?

そのような感じで喉の筋肉が動くのを意識しながら声を出していきましょう。

 

・次は結構真似したこともある方が多いのではないでしょうか?

フクロウのホーホーというのを真似して声を出しましょう。

これは簡単に思えて、継続に出しているとだんだん喉が辛くなっていくこともあります。

普段使用してない筋肉を使用している証ですが、無理はやめてください。

 

まだ鍛え方はありますが

今回は長くなってしまったのでここまでにさせていただきます。

次回は裏声を鍛えるPart2を書いていきます。

 

最後まで読んでいただきましてありがとうございました。

 


The following two tabs change content below.
ゆう

ゆう

ドラらぼの新米店長! 趣味は寝ることと実は猫と遊ぶことが大好きです( ^ω^ ) 日々ブログネタを考えています。 物忘れの速さなら天下一品です(^^) (予約に関しては忘れません( ^ω^ ))
ゆう

最新記事 by ゆう (全て見る)

  • 8/23 - 2019年8月23日