前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里

前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里
西日暮里  営業時間:13:00~23:00(受付12:00~22:00) 日曜定休 TEL/03-4582-3622
メニュー

ウィダニーって本当に気持ちいいの?調べてみた!

2019/02/25 12:00

こんにちわ、きゅんです。

あっという間に2月も後半に入っていて若干時の速さに戦慄しております。

皆様はお元気でしょうか?

 

以前こちらの記事にてウィダニーについてを書かせていただいたのですが

ウィダニーって痛そうだけど実際気持ちいいの?

実際に気持ちがいいのか?というところを調べてみました!

(これ2017年10月に書いているのですが、もうそんな前だっけ?!と驚きました、どうりで老けるよね)

 

やっぱり気になるのは「本当のところ」ですよね。

 

このウィダニー、禁断の尿道オナニーともいわれているので

まさに「禁断」ならではのリスクもあるわけです。

 

★ウィダニーを簡単に言うと、尿道にウィダーINゼリーを直接流しこむ尿道オナニーです

 

尿道に何かをいれるってかなり勇気のいることですよね。

しかも一歩間違えれば炎症などそういった状況を引き起こしかねない本当に紙一重なオナニーです。

やってみた猛者によると

 

「固めな液体が尿道を通っていくのがよくわかる。何とも言えない刺激」

 

と共に

 

「尿道の刺激によってペニスがかたくなっていく」

 

という気持ちよさを感じているのは間違いないところ。

 

しかし、1本を入れたところで出すぞ!といっても、スムーズに出なかったという人も。

焦りますね・・

そういう場合には追加して入れるといいと言います。

 

また尿道オナニーをほとんどしたことがない人にこれはあまりおすすめしませんが

ある程度尿道オナニーをしている人なら、勇気をもって尿道にウィダーインゼリーの挿入口をくわえさせると

中身のゼリーが漏れないようになり、そこからぎゅっと中身を注入させると

「快感の扉」が開くようなのです。

 

それは射精に似たような感覚が奥でかんじられるとのこと。

しかし鈍い痛みと共に快感を得られるとのことなので、やはり勇気ありきのオナニー方法です。

 

ただ「入れたけど出てこない」という不安を持つ人も多かったようです。

しかしご安心ください。ちゃんと尿意と共に出ます。

その時にはもしかしたら潮吹きみたいな感覚なのかもしれません。

 

このウィダニーに成功した人は「気持ちよさ」を体感できるのですが・・・

 

もし手順を間違えたりした場合には、地獄をみるとの体験談も・・・

 

感染症やカテーテルを挿入してのゼリー取り出しなど、ちょっと考えるだけでくらっとしますね・・・

 

そういうハイリスクはあるものの、成功すれば「気持ちいい新しい世界」は開けるという事です。

 

尿道から中に入ってくる感覚、それが出ていく時の感覚

それらがゼリー状であるからこその「通る感覚」を感じられるのは確かに気持ちいいだろうなと思いますね。

だって「疑似射精」ですからね。

 

そこで前立腺を刺激すればドライオーガズムにもつながるとのことです。

 

清潔にして、そのうえで手順を守ってウィダニーをしたら

うまくいけば気持いいということはわかりました。

 

あと必要なのは「勇気」というものでしょうね・・・!

 

私自身男だったとしてもウィダニーをする勇気はあるかどうか・・・

 

もし気になったらトライする価値はあるかと思いますが

病気や炎症が心配だ、という人はやらないが吉かもしれませんね。

「そんな事よりも気持ちよさ一択やろ!」というつわものが、このウィダニーにトライする資格あるものだ!

ということです。

 

もし尿道オナニー自体がしたことがない、という人は

ドラらぼで尿道開発を体験してみることからおすすめします^^

とても刺激が強くて気持ちいい!と評判でもあるけれど、

やっぱりちょっと怖いですから

プロにお任せして感覚を掴むといいですよ^ ^

 

もし、いろいろな事が心配だったり聞いてみたい場合には

ドラらぼの樹さんに是非いろいろ聞いてみてくださいね。

ウィダーINゼリープレイも

樹さんなら安心してお任せもできますよ!

 

気持ちよさの扉を増やしていきましょう♪


The following two tabs change content below.
きゅん

きゅん

初めまして!これから調査員として発信させていただきます、きゅんと申します。 好きな感触は猫の耳、猫の鼻、猫の手の肉球、総じて猫が好きです!人の体もサワサワしているのが好きかもしれません。快楽追求、共にしていければ幸いです☆
きゅん

最新記事 by きゅん (全て見る)