前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里

前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里
西日暮里  営業時間:13:00~23:00(受付12:00~22:00) 日曜定休 TEL/03-4582-3622
メニュー

こんなフェチズム面白い!フェチズムについて考察してみた!

2019/03/02 16:22

こんにちは。

いわしまるです。

 

日本国内だけでなく、世界各国に様々なフェチズムが存在する。

 

フェチズムとは「性癖」「性的嗜好」と捉えられているもので、特に人間の身体のパーツや物に異常なまでの興奮を呼び覚ますものだ。

 

そして、中には驚くような意外なフェチズムも存在し、一度でもその領域に踏み込んだ者は抗うことができず、快楽の波に己を奪われていく。

 

今回は、そんなフェチズムについて、面白いと思うものを考察していこう。

 

〈フェチズムが持つ魔性の魅力とは〉

 

フェチズムの魅力には大小様々なものがあり、一概に言えない部分も多い。

 

だが、ここまで人間の性癖を刺激し、快楽の波に溺れさせる魅力とはどのようなものなのだろうか。

 

まず考えられるものとしては、フェチズムを感じる裏側にある羞恥心や背徳感ではないだろうか。

 

このフェチズムを他者に知られてはいけない、知られたら恥ずかし過ぎて生きていけない、くらいの強い気持ちが重なり、そこに過激過ぎる快楽が押し寄せる。

 

また、他人に知られたらどうしよう、という背徳感が強烈なスパイスとなり、さらにフェチズムにのめり込ませると言えるだろう。

 

人間は知られてはいけないと強く思うほど、裏を返せばその感情が抗えない媚薬となり、フェチズムが魔性の魅力を放つと言えるだろう。

 

〈独創的な快楽を生み出すフェチズムたち〉

 

フェチズムの世界には様々な種類があり一概には言えず、そこには多種多様な性癖や快楽の波が押し寄せる。

 

ここでは独創的なフェチズムたちについて取り上げていこう。

 

・贅肉フェチ

 

女性の敵と思われがちな贅肉だが、そこに悦を見出し強い快楽に溺れる者がいる。

 

部位によって好みは別れるが、下着や水着姿で露わになる贅肉に歓喜しエクスタシーを感じ尽くしていく。

 

二の腕のたるみを触り尽くしたい、腹の贅肉に顔を埋め吸い付きたいなど、贅肉への強烈な関心が堅固なフェチズムを生み出している。

 

・マスクフェチ

 

使い捨てのガーゼマスクはもちろんだが、ガスマスクや防護マスクへの強い愛着があるフェチも多い。

 

何かいけないものが隠されているかのような、隠れているという所に独自のエロティシズムを感じ、自分の思うまま思い切りマスクに性欲を解放したいという願望がある。

 

また、マスクをしている時の呼吸音や苦しげな表情に欲望を掻き立てられる者も多く、独創的なフェチズムの1つと言えるだろう。

 

・嘔吐フェチ

 

女性の嘔吐する姿、吐瀉物が吐き出される所に異常なまでの性欲を掻き立てられる者もいる。

 

吐瀉物というのも、いわば普段隠されているものであり特殊なものだ。

 

その特殊さゆえに、女性がそんなものを吐き出すというシチュエーションや姿に強烈な興奮が湧きたち、強烈なまでの快楽が生み出される。

 

こちらもかなり独創的なフェチズムと言えるだろう。

 

・眼球フェチ

 

女性の眼球に対して強い執着があり、キスしたり舐めたり、できれば直接手で触れたいと願う者もいる。

 

眼球はとてもデリケートであり臓器の中でもむき出しになっている部分だ。

 

その眼球を自分の意のままにすることで強い興奮が押し寄せ、強力な抗えないほどの快楽の波にさらわれていく。

 

また、非常にデリケートな部分であるからこそ欲望のまま触りつくしたいと感じることも多く、かなりマニアックなフェチズムと言えるだろう。

 

今回は様々なフェチが登場しましたが他にもフェチズムの世界は無限大!

個人的には人に言えない【特殊なフェチズム】の解放!

は必須だと思っています。

自分はこんなのが好きだけど悩んでいます。

等ありましたら

ドラらぼで対応できるフェチズムはドラらぼで解放してみませんか?

一時の非日常空間は

今までに体験できないほどの快感を生むことがあります。

今後もお楽しみください!


The following two tabs change content below.
いわしまる

いわしまる

新しくに調査スタッフの仲間入りをしました。趣味は、サッカー観戦です。 サッカーでゴールした時の興奮とオーガズムは似てる気がします。今後、いろいろな角度からエロを追求していきますので、 よろしくお願いします!
いわしまる

最新記事 by いわしまる (全て見る)