前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里

前立腺とアナル開発専門M性感|ドライオーガズムらぼ@西日暮里
西日暮里  営業時間:13:00~23:00(受付12:00~22:00) 日曜定休 TEL/03-4582-3622
メニュー

電車内で遭遇した痴女に弄ばれる快感はなぜやみつきになるのか?

2018/08/17 12:00

ドラらぼユーザーの皆さんお久しぶりです。

いわしまるです。

部署が代わりライタースタッフとしてはお休みしていたのですが

この度またBlogも兼務することになりました!

またよろしくお願い致します。

 

今回は

『電車内で遭遇した痴女に弄ばれる快感はなぜやみつきになるのか?』を考察してみました。

いわしまるも電車内で痴漢に遭遇したことがあり

その時はどうしたら良いのかよくわからず悩んだのですが

今回はその時の心理を考察していこうと思います!

 

通勤ラッシュの電車内は足の踏み場もないほどのギュウギュウ詰めで、毎朝苦しい思いをしている人は多いもの。

そんなギュウギュウ詰めの電車内で極たまに遭遇する「痴女」と言う名の女性がいる。

電車内という限られた空間で遭遇した痴女から弄ばれ

その快感にやみつきになった男性もいるのではないだろうか。

偶然にも遭遇した痴女から最初は戸惑いながらも抗えないほどの弄ばれる快感。

それは一体どのような理由から起こるのだろうか。

 

《男性を虜にし骨抜きにする痴女の生態》

狭い車内で自由に身動き取れない状態にも関わらず後ろから身体をピタっと密着させ

まずはゆっくり身体全体を擦り付けてくる。

最初はおや?と思い戸惑いながらも嫌な感じはせず

背中越しに伝わる胸の膨らみの心地良さをいつしか味わってしまうものだ。

次第に擦り付けはエスカレートし

片方の手はいつしか握られ痴女のミニスカートの股間へと誘導される。

誘導された股間はしっとりとしており陰部近く

内ももの柔らかさに否が応にもボルテージは上がってしまう。

耳元で痴女の微かな吐息も聞こえ

いつの間にか痴女の手が男性の股間に伸び

ペニスを転がすように弄ぶようにゆっくりと激しさを増していく。

だが、目的の駅に着いたら何事も無かったように痴女は下車し

残された男性はしばしポカンとし、これは夢か?と勃起した股間を静めながら考えてしまう。

電車に現れる痴女は基本的にターゲットを事前に選び下調べをしておき行動に移すようだ。

ほぼ毎回同じ電車に乗り合わせ

最初は戸惑っていた男性が段々とその気になってくるのをほくそ笑み

それを快感としている。

男性の戸惑い、混乱を楽しみながら段々その気になってくるのを調教的にくり返し

自分の性欲もしっかりと満たす。

男性にとってはあくまで寸止め、欲求不満が溜まるが

それをコントロールするのが痴女にとっての1つの快楽であり生態とも言えるだろう。

 

《戸惑っていながら弄ばれる快楽はどうして生まれるのか》

最初は何かおかしいと感じていながらも

気がついたら痴女のテクニックに弄ばれる快楽を得てしまう男性。

公共機関であり周囲の目もある電車内において

なぜ人目もはばからず快楽に身を委ねてしまうのか、それを考察していこう。

まず1つ考えられる事は

公共の場だからこその快楽があるという事だ。

公共の場とエロスはまったく一致せず不自然である。

だが、本来あり得ないシチュエーションでのエロスは羞恥心や背徳感なども合わさり

恐ろしいまでの強烈な興奮を伴う。

また、痴女に弄ばれてしまう屈辱もスパイスとなり

さらに興奮はヒートアップする。

電車内という公共の場

不自然な環境で痴女による弄ばれる快感は様々な感情を湧き上がらせ全てが強い興奮材料となる。

1度体験したら最後、日常では味わえない快楽に溺れ、求め続けてしまう男性がいるのも頷ける事だろう。

 

但し、痴漢は犯罪です。

今回考察してみましたが痴漢は絶対駄目です!

あくまでフィクションでの考察です。

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

次回はフェチズムの歴史を調べてみようと思います!

 

西日暮里のドライオーガズム専門店

ドライオーガズムらぼ@西日暮里

ライタースタッフいわしまるでした。


The following two tabs change content below.
いわしまる

いわしまる

新しくに調査スタッフの仲間入りをしました。趣味は、サッカー観戦です。 サッカーでゴールした時の興奮とオーガズムは似てる気がします。今後、いろいろな角度からエロを追求していきますので、 よろしくお願いします!
いわしまる

最新記事 by いわしまる (全て見る)