ドライオーガズムらぼ@西日暮里

ドライオーガズムらぼ@西日暮里
西日暮里  営業時間:13:00~23:00(受付12:00~22:00) 日曜定休 TEL/03-4582-3622
メニュー

回春マッサージの効果とは?プロの回春はやっぱり違う!!

2017/07/21 12:00

こんにちは。

 

東京都内にあるドライオーガズムらぼ@西日暮里の

メンバーのきゅんです。

 

回春マッサージと言う言葉、実は私ちゃんとわかっていませんでした笑

そもそもの字をみても、予想がつかないというか・・・
だって字の意味は「春がめぐってくること」「新年になること」「若返ること」「病気がなおること」
なのだそうです。

しかしこの「若返る事」なんかは回春マッサージに通じるところがあり
加齢でアソコが元気なくなっちゃった・・・とか、ED気味な人が元気になるためのマッサージとして始まったことから考えれば、その名は理解できますね。

では回春マッサージ、いったいどんなことをするのでしょうか。

 

◆回春マッサージとは

 

オイルマッサージを全身受けたことがある人
は、鼠蹊(そけい)部(足の付け根)も
マッサージをしてもらったことがあるともいますが、回春マッサージでは普段マッサージでも触らない「睾丸」をマッサージして血流をよくしたり男性機能の向上をさせます。
睾丸だけでなく、鼠蹊部やリンパのマッサージも行うことがあります。

元々は古来中国から伝わったものですが、タイ式などもあり、イメージとしては東南アジアかもしれませんね。

 

 

ちなみにこちら、ちょっと面白かった笑

こりゃ~見られたくはないですよね。一人でやっておきたい・・・これ、放送しちゃってよかったんですかね笑

 

◆回春マッサージを行うとどうなる?

 

何も考えていなくても、睾丸だって疲れていたりします。
洋服がきつかったり、座る仕事やバイク、車に長時間乗っていれば睾丸にだってそれなりに影響はありますし、疲労だって貯まります。

ですが、睾丸を自分でマッサージすることは基本、ないですよね。
この睾丸にたまった老廃物などをマッサージによって体の外に排出させ、血流をよくすることで、男性ホルモンの分泌促進がされ、その結果男性器に元気が取り戻せます!
他にも腎機能の回復や、勃起時の硬さの増加など、嬉しいこといっぱい。

勃起力があがれば自分の気持ちも高まりますし、精子の量も増えれば射精時の気持ちよさや
「男としての自信」につながり、更に気持ちいい感覚を取り戻せることでしょう。

実際、睾丸マッサージをすることで、射精時の量や濃さが違う!という事が起こり射精後のスッキリ感は別物のようです。
睾丸は人によっては触られてくすぐったいだけとか、気持ちいいわけじゃない・・・

という声もありますが、睾丸をマッサージすることにはいいことだらけ。

そして睾丸を優しくきちんとマッサージする、ということは最早「愛」なんじゃないでしょうか。
個人的にはたまたまを触るのは好きですよ。感触的に。

 

◆具体的な回春マッサージの方法とは

 

まずは睾丸をあたためて、ゆるんできたところでベビーオイルなどで睾丸をつつむように後ろから軽く持ち上げたり、表面を軽く撫でたり、引っ張ったりします。
まるでくすぐるようにすることで、効果も更にUPすると言われています。

また時間があれば全身マッサージをすることで、もっと体はリラックスし効果も高くなると言われていますが、全部を請け負うと大変なので全身マッサージだけは別のところで受けてきてから回春マッサージを受けるといいかもしれませんね。

もしくはお風呂にはいって体をあたためて筋肉を緩めてから行うとなお良いでしょう。

◆ドラらぼでも回春をやってます☆

 

睾丸て自分でも手が届きますが、でも後ろから引っ張り上げてもらうのは難しい。
できてもやっぱり「他人の手」でしてもらえるから気持ちがいいんですよね。

回春マッサージの時にはペニスには触れないけれど、きもちよくてたっちゃうかもしれませんが
それも含めて受け止めてくれる女性たちなので安心して回春マッサージを受けてみてください!

実際に知っていてもやったことがない人もいると思いますが
やってみたら「こんなに違うのか!」と驚くかも。射精の感覚や量なんかも違うとしたら
やっぱり試してみたいですよね。

ドラらぼならプロの手での回春なので、是非一度は体験してみてくださいね☆お待ちしております!


The following two tabs change content below.
きゅん

きゅん

初めまして!これから調査員として発信させていただきます、きゅんと申します。 好きな感触は猫の耳、猫の鼻、猫の手の肉球、総じて猫が好きです!人の体もサワサワしているのが好きかもしれません。快楽追求、共にしていければ幸いです☆
きゅん

最新記事 by きゅん (全て見る)