ドライオーガズムらぼ@西日暮里

ドライオーガズムらぼ@西日暮里
西日暮里  営業時間:13:00~23:00(受付12:00~22:00) 日曜定休 TEL/03-4582-3622
メニュー

第14話 ヨーグルトとソーセージ

2017/09/13 12:00

 常連さんの中に風変わりなお客さんがいて、約2年ほどの常連さんなのだけれど、キスはおろか、男性器も舐めたこともなく、もちろん舐められたこともなく、乳首も吸われた記憶もなく、まして陰部をまじまじと見られた形跡もまるでない。

「え?なにそれ?」

 あたしは在籍をしている店長さんに毎回プレイ内容を報告している。ウケる。店長さんは最初はおそろしいほど驚いた顔をしたが、今では、あー、そうなの〜。と、さらっと受け流すほど親しんだらしい。

 一番最初は自分でオナニーをし、そのありさまを見ているだけだった。のが、今度は

「乳首を舐めて」になり、舐めながらオナニーをしだし、やや間をあけてからは、乳首を吸うあたしの顔に精子をかけるようになり、またやや間をあけてから、顔にかけた精子を顔に塗りたぐるようになり、今度は鼻の穴と口の中に精子を入れるようになり、目隠しをされるころには、髪の毛にまで精子を垂らすほどに成り上がっていた。

 あたしはそんな奴隷みたいなことをされてもまるで怯まず、泣きもせず、かわいくて、憎らしいほど従順でありお客さんはそんなあたしに屈服しかけた。

 あたしにとっては男性器を舐めたり、あるいはあたしの陰部を舐められるほうが嫌だ。なので、このような変態な行為で快感が得られるならば、お客さんとあたしの間では理にかなっている。そんなある日、お客さんは、こう言った。

「やばい。なんだか、勃起しなくなってきた。飽きたのかな」

 と。毎回プレイがエスカレートしていく。次は、次はと、だんだん変態行為はとどまらず、とうとう今までのプレイ内容では勃起をしなくなってしまった。体中をビニールテープで縛ったり、お風呂場であたしの顔におしっこをかけたりしても全く勃起をしなくなった。(ここらあたりからおかしくなってきた)

 いろいろと駆使した結果、勃起&射精を復活させたのが、なんと、「ヨーグルト」と「ソーセージ」だった。

 お風呂場でおしっこと一緒にあたしの顔と身体にヨーグルトをかけるのだ。そしてソーセージを口の中に突っ込み、おぇ、おぇ、という穢い顔をしたあたしにかなり欲情をしたらしく、射精をきちんとした。おそろしいほど勃起をしていた。なぜに、ヨーグルトで勃起を? お客さんはなにせよ、綺麗なものが汚れていくさまが好きで、昔から、ケーキでもぐちゃぐちゃにしてから食べたし、付き合った女が綺麗な洋服を見にまとってきても全て破いてしまったという。別にあたしが綺麗とかそういうのではない。ただ、汚すこと、穢すことに欲情をしてしまう、たちなのだ。

 「ソーセージはきちんと食べてね」

 お客さんは最後にそういい、あたしの口の中に押し込んだ。さすがのあたしも屈服をした。承服をしてきた行為だったが、これでは身体と心が持たないと思い、もう電話がかかってきてもお断りして。そう告げた。

 あたしも至極変態ではあるが、お客さんはあたしをも凌駕するほどの変態だった。性癖と変態は紙一重であることをせつに思い知らされたいっけんだった。

 なにごともほどほどで。

 あたしもかなり変態です。笑